×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

中古マンション 購入のメリットデメリット

中古マンション購入のメリットは、新築マンションより価格が全般に安いことですね。
間取りなどは実際に図面と照らし合わせて確認ができ、中古マンションの住まいの使用感もチェックできます。
希望のライフスタイルにするために、新築マンションより安価な分、リフォームに資金がまわせます。
購入するマンション周辺は、すでに街並みが整備されている場合が多いので利便性の良い物件が多くあります。
中古マンショ購入のデメリットとしては、中古なので経年劣化は避けられず、建物としての品質の低下や修繕費の負担があることもあります。
中古マンションの売買では、不動産業者に仲介手数料を払わなければなりません。
マンション購入に、公的機関の融資を受ける時、返済期間が新築マンションに比べて短くなる場合があり、月々の返済額が多くなることがあります。
住宅借入金特別控除(住宅ローン控除)が適用される物件であれば、最長10年間、所得税額から年末のローン残高に応じた金額が控除されます。
中古マンションの購入するにあたっては、メリットとデメリットをよく考えて購入することが必要です。

中古マンション リフォームとリノベーション

中古マンションの購入ではリフォーム済みかリフォームされていない物件のどちらにするか検討する必要があります。
リフォーム済み中古マンションは購入後、リフォームのためのローンは必要ではありません。
リフォームがされている物件はリフォーム代がマンションの代金に含まれおり、住宅ローンは長期ローンのみで良いことになります。
リフォームがされていない中古マンションの購入では、住宅ローンとリフォームの2つのローンを組む場合があり、リフォームのローンは短期ローンが一般的なのです。
リフォームされていない物件では、自分のライフスタイルにマッチした住まいに変えることができます。
リフォームは原状回復という考えが強いため、最近リノベーションという考えが広がっています。
使う目的に合わせ、機能や性能をアップさせ付加価値をつけ価値を高めることをリノベーションといいます。
リノベーションを中古マンションで選択した場合、キッチンを好きな場所にしたり、間取りをまったく変えたりと、テレビ番組のビフォーアフターのように、家族のライフスタイルに合わせた理想に近い住居ができることになります。

中古マンション相場と実勢価格

少しでも安く良い中古マンションを購入するには、適正な価格であるかの判断が必要になります。
中古マンションの価格は築年数や立地条件などさまざまで、人気のエリアや人気の路線沿線ですと当然高くなります。
中古マンションは市場価格で決められていますので、大きく価格が変わることはありません。
市場価格とはいわゆる素の地域での相場で、実際に売買される価格です。
購入したいと思う希望の物件に近い中古マンションの価格と希望に見合うかを確認し、実勢価格とも比較します。
相場は都心部や郊外、築年数、間取りなどの物件構成で大きく異なります。
実勢価格は2006年秋から、全国の不動産業者の組織、「不動産流通機構」が、インターネットで中古マンションや住宅の実勢価格の無料公開を始めています。
公表されている実勢価格の地域は4地域あり、東日本、中部圏、近畿圏、西日本で、実勢価格はホームページ「レインズマーケットリサーチ」で確認できます。
調べたい中古マンションの面積や売買価格は地域、建物の種類、築年数、間取りなどの条件を入力することで、該当物件の情報が一件ずつ表示されます。

Copyright © 2008 中古マンションの購入とリフォーム